フェアウェイウッドは初心者向き

フェアウェイウッド 選び方

フェアウェイウッド(FW)は、ティーからのショットに限らず主にフェアウェイ(地面)から使うウッドと同じ形をしたクラブです。フェアウェイウッドの種類は、もってる人を見たことがないが2番ウッド(ブラッシー、2W)、3番ウッド(スプーン、3W)、4番ウッド(バッフィー、4W)、5番ウッド(クリーク、5W)6W、7W、9W、11Wと奇数の番手が多いのが特徴。7W以下はショートウッドとも呼ばれています。

フェアウェイウッドの番手が大きくなるほどロフト角度が増えるためボールを上げやすくなっています。今までのセッティングでは、1W、3W、4Wか1W、3Wの組み合わせが多く、そのため倉本昌弘のようにアイアに1I、2Iなどのドライビングアイアンをいれたり、ロフトの違うサンドウェッジをセットしていました。でも最近のゴルフは片山晋呉プロのように比較的優しいフェアウェイウッドを積極的に取り入れ活躍しています。ですから初心者にも是非フェアウェイウッドを取り入れゴルフを簡単にしてプレイをより楽しいものにして欲しいと思います。

>>今人気のフェアウェイウッドランキングはこちら<<