フェアウェイウッドは初心者向き

フェアウェイウッド 選び方

フェアウェイウッド(FW)は、ティーからのショットに限らず主にフェアウェイ(地面)から使うウッドと同じ形をしたクラブです。フェアウェイウッドの種類は、もってる人を見たことがないが2番ウッド(ブラッシー、2W)、3番ウッド(スプーン、3W)、4番ウッド(バッフィー、4W)、5番ウッド(クリーク、5W)6W、7W、9W、11Wと奇数の番手が多いのが特徴。7W以下はショートウッドとも呼ばれています。

フェアウェイウッドの番手が大きくなるほどロフト角度が増えるためボールを上げやすくなっています。今までのセッティングでは、1W、3W、4Wか1W、3Wの組み合わせが多く、そのため倉本昌弘のようにアイアに1I、2Iなどのドライビングアイアンをいれたり、ロフトの違うサンドウェッジをセットしていました。でも最近のゴルフは片山晋呉プロのように比較的優しいフェアウェイウッドを積極的に取り入れ活躍しています。ですから初心者にも是非フェアウェイウッドを取り入れゴルフを簡単にしてプレイをより楽しいものにして欲しいと思います。

>>今人気のフェアウェイウッドランキングはこちら<<

フェアウェイウッドの選び方

フェアウェイウッド 選び方

初心者におすすめのフェアウェイウッドですがどれを選べばいいのか?理想を言えば3W,5W,7Wだと思います。スプーン(3W)はフェアウェイから打つ時に距離が出やすいわけですがやはり初心者には難しい。使い方としてはティーショットのドライバーがうまく打てないときに代替えとして使用することをおすすめします。5W,7Wに関してはロフトがあるので初心者にも十分打つことが出来るので使用頻度の上がるクラブになると思います。

フェアウェイウッドの購入ポイントは、ドライバーと同じように少しヘッドが重く感じるクラブを購入する方がいいでしょう。軽いフェアウェイウッドだと手先でコントロールしようとして結果的にミスショットが増えてしまいます。フェイスも大きめのフェイスでシャローフェイスを選ぶといいでしょう。ヘッドが大きいとスウィートエリアが広くなり、芯を多少外してもそこそこ飛距離が出ます。

シャローフェイスはフェイス面(打球面)が薄いためボールを上げやすい構造になっていますので初心者には無理なスイングをしなくてもボールを上げることが出来ると思います。それとゴルフはフィーリングが大切なので同じゴルフメーカーのドライバーとフェアウェイウッドにした方が違和感なく使用できると思います。もし違うブランドのクラブを使うときは重さ、バランス、シャフトの硬さなどに注意して購入するようにしてください。

最後にドライバーやフェアウェイウッドは金額が高いものが多いのですが初心者のうちはチタンやカーボンなどにこだわらなくてもステンレスでもいいと思います。それに3本買わなくても5W,7Wでも十分だし、どちらか1本でもゴルフは出来ます。

>>厳選イチオシフェアウェイウッドはこちら<<

フェアウェイウッドのおすすめブランド

フェアウェイウッド 選び方

初心者におすすめのフェアウェイウッドでキャロウェイゴルフのビッグバーサーなんかはどうでしょう。キャロウェイのクラブは上田桃子プロが使用していますので実績もあります。ビッグバーサのコンセプトは「やさしさ」です。これを進化させるためにヘッド上部に白いアライメント・ストライプが入っています。これはボールを打つ目標に正確に構えることが出来ない、クラブフェイスがどちらを向いているのかわからないといった初心者の声をデザインに取り入れたものです。一般アベレージゴルファーのように、今からゴルフを始めたい、回数の少ないラウンドをより楽しみたい、苦手なウッドを克服したいというゴルファーにはぴったりのフェアウェイウッドではないでしょうか。

あとテーラーメイドのr7 ドローフェアウェイウッドもいいかも。これはドローボールで飛ばせるフェアウェイウッドです。初心者はスライス系がほとんどなので手っ取り早くスライスを矯正するにはおすすめ。しかし他のクラブとのバランスがおかしくなるかも・・・

>>フェアウェイウッドの打ち方<<